redad

 

「明日からダイエット」
それがわたしの座右の銘と笑われ続けて30年+。
わたしはいつでも真剣に「明日から!」と宣言するのだが
「明日から」が「今日から」になったためしがなかった。
でぶの大国アメリカで暴飲暴食はパワーアップし、どんどん太っていった。

「デブで悪いか!」
などと本を出して開き直っても
アメリカの医者にまで「デブは悪い!」「コレステロールが高すぎる!」と怒られる始末。

 

やっぱり痩せたい。
けど何をやっても続かない。

 

そんなわたしの前に現れたのがファスティングへのお誘い。
酒の席で何も考えずにOKしてしまい、
「ファスティングって断食!?できるわけがなーい!」
と、酔いがさめて後悔をしたけれど、女に二言はない。

 

腹をくくってやってみました。
そして、やってよかった!
ファスティングに出会えてよかった!
っと心底思える結果を出したのでした。

 

このわたしが、約10キロの減量に成功したのです。

 

なんにでも向き不向きがあります。
持病だとか体質だとか考慮しなきゃいけないこともあります。
万人のみなさんに効果があるわけでもないでしょう。
ただ短期集中で結果がでるファスティングは、わたしにはぴったりの減量法でした。

 

また減量目的だけでやってみたファスティングでしたが、その効能の奥の深さには驚かされました。
痩せるだけではなく、体のデトックス効果が高いのです。
腸内環境を改善したり肝臓の浄化、免疫力をアップしたり体質改善をしたり
お肌をきれいにしたり..などなど。なんとも得した気分です。

 

20年近くアメリカで脂っこいものを食べ続け、太り続けてきたわたしには
生活習慣のリセットが必要でした。だけどどうしたらいいのかわからずにいました。
人生のこのタイミングでファスティングに出会い、デトックス&リセットができて本当によかった。
我が家のもうひとりのでぶ(亭主)にも体験させたいし、アメリカで不摂生をしている友にも体験してほしい。
ファイスティーに生きたい女性のみなさんにもこういったメソッドがあるということだけでも
知ってほしいと願いわたしの体験を記しておきたいと思います。

 

「ファスティング」「プチ断食」「酵素ダイエット」いろいろ話題になっていますが、
わたしが体験したのは、 (社)分子整合医学美容食育協会の特別顧問の山田豊文さん考案の
「山田式ミネラルファスティング」という流儀のファスティングです。
山田さんの監修の元製造された マナ酵素 を飲みながら 断食するプログラムです。
栄養士であり ファスティング・マイスターの先生がつき、
ファスティング開始前と終了後に食習慣や日常生活の心がけについてセミナーを受けました。
開始前には血液検査をし、先生が食生活のアドバイスをしてくれ、心強いサポートつきでのファスティングを体験できました。

 

 

実録 いじりめぐみのファスティング!
それではまいります。

 

ファスティングに必要な日数=7日間

●準備2日
●ファスティング3日
●回復食2日

 

必要なもの
マナ酵素2本、良質の水、カフェイン抜きのお茶、「まごわやさしい」食材

 

「まごわやさしい」は、ご存じの方も多いと思いますが、
ま=豆類
ご=ゴマ、ナッツの種子類
わ=わかめなどの海藻類
や=野菜類
さ=魚類
し=しいたけなどのきのこ類
い=いも類

これらを中心としたバランスのよい食事のことです。
ファスティング準備期間とファスティング後の生活は「まごわやさしい」が食生活の基本になります。

 

さあ、食材をそろえたら次にカフェイン・アルコールときっぱりお別れをします。
わたしは、大酒飲み。だけどお酒が飲めないのは辛くはありませんでした。
辛かったのは、カフェインとの別れ。
コーヒーの街シアトルで毎朝4、5杯のコーヒーを飲んでいたわたし。
カフェインをきれいさっぱり抜いたらカフェイン中毒の禁断症状が出てしまい、
とんでもない頭痛が2日も続きました。
もうあんな頭痛はごめんだ!っと以来コーヒーは飲んでいません。

 

 

Let’s start!


Day 1
最初の2日間は、ファスティングを行う前に体を慣れさせる準備期間です。

 

Breakfast
朝は、常温の水か白湯300ccとマナ酵素を20cc。

WP_20150109_09_36_08_Pro
マナ酵素はプルーンジュースのような味がします。

 

Lunch & Dinner

昼と夜は、「まごわやさしい」をバランスよく食べます。先生には「少な目に」といわれてましたが
結構たくさん食べてましたね。

WP_20150109_005

しめ鯖をどーんと!

WP_20150109_18_35_47_Pro

鯵のお刺身をどーんと!

Day 2

Breakfast
きのうと同じにように常温の水か白湯300ccとマナ酵素20cc。

Lunch & Dinner
今日も「まごわやさしい」で。夕食は午後8時までに終わらせなくてはなりません。

WP_20150110_12_22_12_Pro

ししゃもをどーん!

WP_20150110_19_33_34_Pro

ひっくりかえったししゃも&ブリの照り焼き

お正月明けのぶよぶよの状態で始めたからでもありますが
この2日間の準備期間だけで2、4キロ体重が落ちました。

そしていよいよ恐れていた断食!
3日間固形物は一切口にせず、マナ酵素のみで過ごします。

 

Day 3,4,and 5

朝起きたら良質な水を200-400cc飲む。
そして1日にマナ酵素を30ccづつ10回に分けて飲む。
良質な水は2リットルはとらなきゃいけません。
カフェイン抜きのお茶は飲んでもOkです。

これを3日間繰り返します。

ファスティングの友となったカラフルなフルーツティー。
わたしは、このお茶をガボガボ飲んで気を紛らわしてました。

WP_20150112_16_23_43_Pro

 

恐れていた断食―ファスティングでしたが、ちっともつらくなくてかえって拍子抜けしてしまいました。
マナ酵素には一日に必要なビタミンやミネラルが豊富にはいっているらしく、
ふらふらしたりもしませんでした。
マナ酵素をキュッと1杯飲むと、エネルギーが即行体に満ち満ちる気がしました。
毎朝体重を測ると確実に減っているのがうれしくて、家族がおいしそうにごはんを食べていてもマスクをして
知らんふりができました。一人暮らしならもっと楽にできますね。

断食3日間終了した時点で合計5キロ減量達成!

 

Day 6 & 7

回復食の2日間です。
3日間何も食べていなかったのに突然固形物を食べたら胃がびっくりしてしまいます。
この2日間は流動食のみで過ごします。

 

Breakfast & Dinner

朝はレトルトのテンペ粥1袋にに水を加えて薄めたものを半分。夜に残りをいただきます。
こんだけー。悲しいほど少量です。

WP_20150114_07_49_04_Pro

 

Lunch
お昼は野菜のくたくた煮スープ。調味料は使いません。よーく噛んでゆっくり食べます。

WP_20150114_12_58_10_Pro

 

これだけではファスティング中よりもお腹がすくので、
お腹がギュルギュルなったら残っているマナ酵素を飲みました。

これを2日間繰り返したらファスティング終了!

 

7日間を終えたわたしの体重は、実に6.5キロも減っていました。
わたしは大女でアメリカンな脂肪がたっぷりだからこれだけ減りましたが
普通サイズのみなさんは、3キロくらいが相場なようです。

 

胃が空っぽな状態での6、5キロ減量は、通常食に戻すと1、2キロは増えてしまいましたが
増えたなっと思ったら「まごわやさしい」でコントロール。増えた分は1週間以内に戻せば
リバウンドしないですむとのことです。それって結構大変ですがー。

 

1回のファスティングで6、5キロというのは先生の記録だそうですが
「あなたはまだまだ痩せられるから1ヶ月たったらもう1回やるといいですよ」
といわれました。わたしにはまだまだ余分な脂肪がついてるもんね、先生ちゃんと見てました。

 

それではもっと痩せちゃいましょうかっと1回目のファスティングから1ヶ月とちょっとたってから
こっそりひとりでやってみました。
友人たちに会う日から逆算し(その日は美味しいものを食べて飲みたい!)
お弁当を作らなくてもいい週末にファスティングを充てました。
カフェインはずっと抜いているので頭痛に悩まされることもなく2回目のほうが簡単に
ファスティングができました。そして2回目では5キロ減量!

 

そして、わたしはファスティングの虜になってしまったのでした。

モノのあふれている生活の中で胃を空にしての精神修行。
体から毒素が出ていき、きれいで強い自分に生まれ変わる。
心も体もリセットしての新しいはじまり―――
明日が来るのが楽しくて、変わっていく自分がうれしくて、自分にわくわく。
あの酒の席で、何も考えずにokしたから出会えたファスティング。
これからの人生でも、ひとまずなんでもチャレンジしていこう。
そう前向きになれたこと、体が軽くなったこと、健康を意識して暮らせるようになったこと…
ファスティングの効能は Priceless でした。

 

わたしは、これからも定期的にファスティングを決行し、自分の精神を鍛え、
体をいたわっていきたいと思います。
先生が「年増は急激に痩せるとしわしわになる」っといっていたので
それだけは気をつけて――。

 

Go Feisty! では「つよくあかるくたくましく生きる女性のみなさんのために本当にいい!」っと
スタッフが体感した情報のみを厳選し、お薦めしております。 これぞというものがあったら教えてくださいね。

Let’s Go Feisty!

 


Comments are closed.