redad

 

しっとりシアトルから日本にやってくると空気が乾燥していることに悩まされます。
特に冬、肌はカサカサ。
顔には保湿度の高い化粧水やクリームをべっとり塗り、
体中にボディークリームをこれまたべったり塗るのだけれど
どうにも手足の乾燥肌は潤うことを拒むのです。
手足の白くパサパサ剥けてしまいそうに乾ききった肌をどうにか救ってあげたい!
っと熱望していた時に出会ったのが、これ。

ロクシタンのシャワーオイル。

 

旅から戻った家人がどこかのホテルのアメニティーであった小さなボトルを持っていたので使ってみたら
なんとも心地よい肌触り。
フランス語は読めませんが
Cleansing and Softening Shower Oil with Almond Oil
とのこと。

 

やわらかな香りもまた肌荒れにいらいらしていた心を癒してくれるのです。
ロクシタンというブランドは知っていましたが
高いものに興味がないわたしはお店に入ったこともありませんでした。
前にいただいたハンドクリームを使って「ものはいいなあ」っと思っていましたが
自分でお金を払ってまで買いたいとは思いませんでした。

 

今回は、すぐにお店に直行!
250ml のボトルでお値段は、3000円+税。
高いです。
こんな高いボディーソープに手を出したことはありませんでしたが
躊躇せず購入。お店のおねえさんは、いろいろとサンプルもくださりいい気分でお買い上げ。
なるほどこの気分が女子力アップにつながるのだ...っと中年女子は解釈しました。
WP_20150209_09_07_44_Pro

 

アーモンドオイルのほかに、ベルガモット果実油、ひまわり種子油、ローズマリーエキスなどが
入っていて微香ながら癒しの香りを醸し出しているようです。

 

ケチんぼ中年女子は、「ベビーオイルにいつものボディーソープを混ぜたら同じものが
できないだろうか?」っと思い実験してみましたが、油分が残らず流されていって
ちっともお肌は潤いませんでした。

 

贅沢なシャワーオイルでのシャワータイム、
乾燥肌のみなさま、お薦めします。

 

Go Feisty! では「つよくあかるくたくましく生きる女性のみなさんに本当にいいい!」っと
スタッフが体感した情報のみを厳選しお薦めしております。
これぞというものがあったら教えてくださいね!

 

乾燥肌にも負けず!
Let’s Go Feisty!

 


Comments are closed.