redad


つよくあかるくたくましく生きる女性が、さらにつよくあかるくたくましく生きていくためのパワーを授けてくれる書籍をご紹介する Feisty Books。今回は、いじりめぐみ著「デカくて悪いか!」を著者本人がご紹介します。
 

 
アメリカ男を尻に敷き、日本を大きくはみ出し大暴れ。
妊娠、出産、仕事に、くそババア・・・(下品な言葉いっぱいです。) 開けてびっくり! 読んですっきり!
『デカくて悪いか!』
いじりめぐみの平成19年出版の文庫版です。
 
最近本屋で見かけないとおもったら、在庫はないらしい。
それだったら重版してくれたらいいんですけどね。
 
イラストは小豆だるまさん。
解説は井狩春男さん。
 
井狩さんに
「こんな面白すぎるエッセイの解説なんて書けたものじゃない!」
「ウマすぎる」「なんだ!この才能!」
とまで書いていただいております。
(本当ですよー。本書215ページの解説のしょっぱな読んでみてください!)
 
ウマいかマズいかのご判断は個人の見解におまかせしますが
まあ、読んでみると、
「人生何があってもオッケーなのね」
「あはははは、このバカ!」
とふにゃっとしていただいて、元気がぶりっとでるかんじをお楽しみいただけると思います。
 
つよく、あかるく、たくましく生きる女性にはぜひぜひ読んでいただきたい1冊。そのためには本が世の中にでまわってもらわないと!
今からでも巻き返しをはかりたい!
 
みなさんが「「デカくて悪いか!」くださーい。えー、ないのー。やだやだやだー」って本屋さんでダダをこねてくれたら重版されるでしょうか!?
やってみてください!
 
「デカくて悪いか!」 いじり めぐみ著 角川文庫発行 ここなら買えるか?
 
「デブで悪いか!」もありますよー。「デカ」読んでから読まないとおもしろくないですけどね。

 
新しい夫婦のカタチ、国際結婚の現状、アメリカ生活のわびさび・・・いろんなことがつまった1冊です。一読あれ!
 
さあ、「デカくて悪いか!」読んで今日も元気に Let’s Go Feisty!
 


Comments are closed.