redad

新元号発表!平成から令和へ

つよくあかるくたくましく生きる女性のみなさまに発信している Feisty Talk。今回は、2019年4月1日に発表された日本の新年号『令和』に対する思いを語りたいと思います。     2019年4月1日、新年度初日でありエイプリルフールズデーでもある今日、平成に次ぐ新年号が発表された。その名は『令和』。     さよなら、平成。 2019年5月1日から、令和の時代が始まる。   出典は万葉集。初の日本古典からの出典

04.01
2019

マリナーズ・ホーム開幕戦の朝のイチローへの感謝の言葉

つよくあかるくたくましく生きる女性のみなさまに発信している Feisty Talk。今回は、GoFeisty!本拠地シアトルより、シアトル・マリナーズ2塁手、ディー・ゴードン選手が引退するイチローに宛てた感謝の新聞広告についてお伝えします。     今日は、2019年3月28日。 青い空に桜咲く春の穏やかな木曜日、シアトルは活気に満ちている。 「今年こそは!」と期待に胸をときめかせるシアトル・マリナーズファンの待望の日がやってきたのだ。   今日はシアトル・マリナーズホーム開幕戦の日。 セイフコフィールドから名称が変わったシアトル・マリナーズの本拠地、Tモバイルパークでボストン・レッドソックスを相手に記念すべき最初の試合が開催される。  

03.28
2019

今日は何の日?今日はショッキングな国際デーです。

つよくあかるくたくましく生きる女性のみなさまの心と体の糧となる情報を発信している Feisty Talk。今日は、アフリカ・中近東を中心に行われている女性の人権・健康を侵害するあるまじき行為についてお伝えします。     節分に豆をまき、恵方巻をいただき、みなさんご自分やご家族に福が訪れることを祈ったばかりかと思います。どんなことをお願いしましたか?わたしたちは、先進国で自由に健康的に過ごしながらも、願いごとはつきない暮らしをしていると思います。今この瞬間に「どうかわたしの女性器が切除されませんように」と願う少女がいるなんて信じられませんよね。   今日2月6日は、International Day of Zero Tolerance

02.06
2019

Women’s March 2019

つよくあかるくたくましく生きる女性のみなさまの心と体の糧となる情報を発信している Feisty Talk。今回は、1月19日に全米各地で開催された Womens’ March について、Go Feisty!本拠地シアトルからリアルな現状をお伝えします。     2017年1月20日にアメリカの大統領がオバマからトランプに変わり、始まったのがWomen’s March。Women’s March

01.21
2019

新年の気合!Happy New Year 2019

つよくあかるくたくましく生きる女性のみなさんに発信している Feisty Talk。今回は、GoFeisty! 主催者ファイスティーめぐみが2019年新年のご挨拶と決意をお届けします。     Happy New Year! 平成最後のお正月がやってきました。4月1日には平成とバトンタッチをする年号が発表されます。時代が変わる2019年、あなたの抱負はなんですか?心の底にずっと隠し持ってきた野望をお持ちではないですか?それ、リリースしましょうよ。2019年は、ずっとやりたかったことはじめる年にしませんか?   わたしにとって2018年は、気づきの年でした。今後の生き方を考えさせられた年でした。

01.01
2019

Go Pink! 乳がん撲滅のためにできることを自分でしっかり考えましょう!

つよくあかるくたくましく生きる女性のみなさまの心と体の糧となる情報を発信している Feisty Talk。今日は、乳がん撲滅のための活動についてお伝えします。     10月ー神無月(かんなづき)-October が始まりました。 ハロウイーンのデコレーションやオレンジ色のパンプキンが街に出回り、10月の色といえばオレンジ!と相場は決まっていますが、ピンクも頑張っています。最近は日本でも「ピンクリボン運動」として認知が広まっていますね。10月は、Breast Cancer Awarenss Month (乳がん啓蒙月間)で、乳がん撲滅のための活動のシンボルがピンクのリボンなのです。10月は、乳がん撲滅をスローガンに、世界中で乳がんに対する理解、予防対策を推し進める月なのです。

10.01
2018

『ISSHO』生きづらさを抱える女性を支援するNPO代表 井原美紀さん

  「これが日本?うるおっているこの国でこんなことが起きていたの?」 若い頃からトラベルライターとして誰よりも広い世界を見てきた井原さんをびっくりさせたのは、 東日本大震災後ボランティアにかけつけた東北の養護施設で目にした光景だった。 世界屈指の経済大国の日本。国民みな中流意識を持つといわれる日本。 しかし、 多くの養護施設では少女たちに住むところと食事を与え、安全を確保するだけで手一杯。 それでは暴力や貧困のリスクにさらされてきた過去を持つ少女たちや、 頼る大人がいずに孤立して生きてきた少女たちが社会に出る前に十分な知識を得ることは難しい。 養護施設の少女たちは、誰もが18歳になったら施設を出てひとりで社会に出て行かねばならない。 十分な社会的知識なしにぽーんと外に出されたら誰だって恐ろしい。 そしてそこには想像を絶する困難が待ち構えている…。

comments Closed
06.02
2015

痩せて悪いか!ミネラル・ファスティング!

  「明日からダイエット」 それがわたしの座右の銘と笑われ続けて30年+。 わたしはいつでも真剣に「明日から!」と宣言するのだが 「明日から」が「今日から」になったためしがなかった。 でぶの大国アメリカで暴飲暴食はパワーアップし、どんどん太っていった。 「デブで悪いか!」などと本を出して開き直っても アメリカの医者にまで「デブは悪い!」「コレステロールが高すぎる!」と怒られる始末。   やっぱり痩せたい。 けど何をやっても続かない。  

03.02
2015

18歳になった貴女へ

    アメリカでは18歳は大人のはじまり。 選挙権が持て、もう子ども扱いはされません。 先日18になった娘に宛てた手紙を、大人になりつつあるすべての女性に 送りたいと思います。   18歳になった貴女へ   お誕生日おめでとう。 アメリカでは「大人」の18歳になった貴女に、30才先輩のママからのメッセージです。  

01.23
2015

ムリをしてでもやりたいこと

暑い日本に来ています。 最後に真夏の日本を体験したのは、3年前の8月のことでした。 それは、予期せぬ真夏の日本への旅でした。 会社員時代の友人から「Sが亡くなった」とメールをもらい、翌日には飛行機に乗っていました。   Sは広告会社時代の同期の女子でした。 雑誌局でいつも忙しく働いていました。 先輩と社内結婚をし、ハッピーな会社生活を送っていました。 仕事が大好きで、同期でも一番乗りで部長になったできる女でした。 入社20周年の同期会のため来日した時に、Sは幹事をしていました。 みんなで集まることに一生懸命になっていました。 久しぶりに会った面々から、彼女はガンを患っていたことを知らされました。

08.13
2014