redad

コロナに勝つ!次亜塩素酸水でお部屋を除菌しよう

つよくあかるくたくましく生きるみなさまをさらにパワーアップしてくれるグッズをご紹介。今回は、コロナ渦の今、一家にひとつあったら安心なウイルス対策の次亜塩素酸水&噴霧器をご紹介。今なら割引コードもこっそり教えてあげられます! 2020年、世界に蔓延し、わたしたちの暮らしを変えた新型コロナウイルス。学校にも仕事にも行けない。スポーツもできない。友達にも会えない。突然命を奪う・・・。だけどいつまでもひきこもってもいられない。わたしたちは、コロナに負けてはいけない。正しい知識とかしこい行動で、自分たちの命を守り、コロナと共につよくあかるくたくましく生きていきましょう。 コロナ対策。まずは、基本中の基本をとことんしっかり ★手を洗う。 ★マスクをする。 ★同居者以外とは常に6フィート(アメリカでの推奨。日本は2メートル)離れる。 ★家の中・家に持ち込むモノを消毒する。 New England Journal of Medicine

05.08
2020

いじりめぐみの「デカくて悪いか!」

つよくあかるくたくましく生きる女性が、さらにつよくあかるくたくましく生きていくためのパワーを授けてくれる書籍をご紹介する Feisty Books。今回は、いじりめぐみ著「デカくて悪いか!」を著者本人がご紹介します。     アメリカ男を尻に敷き、日本を大きくはみ出し大暴れ。 妊娠、出産、仕事に、くそババア・・・(下品な言葉いっぱいです。) 開けてびっくり! 読んですっきり! 『デカくて悪いか!』 いじりめぐみの平成19年出版の文庫版です。   最近本屋で見かけないとおもったら、在庫はないらしい。

12.25
2018

乾燥した日本の女子のお肌に!

  しっとりシアトルから日本にやってくると空気が乾燥していることに悩まされます。 特に冬、肌はカサカサ。 顔には保湿度の高い化粧水やクリームをべっとり塗り、 体中にボディークリームをこれまたべったり塗るのだけれど どうにも手足の乾燥肌は潤うことを拒むのです。 手足の白くパサパサ剥けてしまいそうに乾ききった肌をどうにか救ってあげたい! っと熱望していた時に出会ったのが、これ。 ロクシタンのシャワーオイル。   旅から戻った家人がどこかのホテルのアメニティーであった小さなボトルを持っていたので使ってみたら なんとも心地よい肌触り。

02.09
2015

どこでも日本のテレビ! スリングボックス

  アメリカ生活16年にしてかなった夢。 それは、日本の今、 この瞬間オンエアー中のテレビ番組を日本に行かずしてライブで見ること。 オリンピックやワールドカップなどアメリカでテレビ観戦で日本を応援しようとしてもオンエアーされてなかったり 実況中継が英語で気合いがはいらなかったり、日本人としては物足りぬ日々を過ごしていました。   毎月25ドル払ってみているテレビ・ジャパンというケーブルチャンネルがありますが ニュースやNHKの番組以外は、ずいぶん古いものしか放映されていないのであります。 毎週家族で涎をたらして見ている「ぐるナイごちレース」は2011年のもの。 シーズン12。ライブでは14をやっているというのに。 田山さんとのぞみーるはとっくのとんまにクビになっているというのに…。

03.21
2013